2006年04月14日

「蔵門」の新入荷のお酒!

蔵門の日本酒は「かねせ」という新潟の情熱的な酒屋さんから仕入れています。
そちらから今回、全国で60本しかないという日本酒を分けていただきました。

         P1000042.JPG
         三重県 木屋正酒造 
           「而今」(じこん) 
       特別純米五百万石三重酵母MK-1あらばしり

そのお味わいは
而今らしく甘みと酸味、そしてふっくらとしたお米の旨味がキチンとまとまってます。青林檎とマスカットを足して割ったような味わいが印象的。by「かねせ」さん

店主もこれから飲んでみて、私の飲んだ感想は後でアップしておきます。

おかわりは多分なさそうなのでお早めにどうぞ。


        P1000037.JPG




         そして二本目は芋焼酎!


          P1000046.JPG

         鹿児島 西酒造「宝山綾紫」

毎年年末から「芋麹全量」、年明けから「綾紫」「白豊」「紅東」と季節限定の焼酎がでます。「芋麹全量」は黄金千貫100%で仕込んだ焼酎、あとはそれぞれ芋の品種の名前です。
今回の「綾紫」は色素自体が紫色をしているきれな芋です。ポリフェノール類を沢山ふくんでいて、もともと焼酎の原料にはあまり使われずにお菓子などの原料としているようです。

その味わいは
まず赤ワインのようなテキーラのような独特な香りに圧倒されます。
口に含むと香りからは想像出来ないような意外と普通の濃厚な芋焼酎の味わいです。
雑味とかはほんとんど感じなくとてもスムーズな味です。
焼酎の渋みをほどよく感じられる、お湯割りが店主のおすすめの飲み方です。
もちろんロックで香りと、甘みを楽しむのもおすすめです。
これから「白豊」「紅東」と出てきますので、それらと飲み比べるのも楽しみです。



posted by 居酒屋店主 at 23:54| Comment(1) | TrackBack(1) | 蔵門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いま而今を飲みました。粗い濾過で薄く濁っています。独特の酸味と後からくる甘味のバランスがいい感じです。舌がビリビリするほど旨味たっぷりに感じました。
Posted by 店主 at 2006年04月18日 00:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

清酒「俳聖芭蕉」が3年連続金賞に 伊賀市の橋本酒造場
Excerpt: 清酒「俳聖芭蕉」が3年連続金賞に 伊賀市の橋本酒造場 【三重県】伊賀市御代、橋本酒造場の清酒「俳聖芭蕉」の大吟醸酒が、本年度の全国新酒鑑評会で最優秀の金賞を獲得した。金賞は3年連続4回目で伊賀地域では..
Weblog: お酒ニュース国内〜世界各国最新発信!
Tracked: 2006-07-06 16:35
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。