2007年04月24日

タカちゃんのおすすめ!

タカちゃんのおすすめ!

P1010078.jpg

山形 麓井酒造 「こっそり ふもと井」生酒600円

生酒特有の香り。濃厚かつキレのある味わいで、高アルコールの個性派です。

 
  「タカちゃんのおすすめ!」とご注文ください。
  最初の一杯を半額でご提供します。



posted by 居酒屋店主 at 05:25| Comment(1) | TrackBack(0) | タカちゃんのおすすめ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今週のお花。

P1010086.jpg
トイレ

P1010093.jpg
正面のガラス窓




posted by 居酒屋店主 at 05:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 蔵門のお花。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月23日

「蔵門」のおすすめ品

yanakatennpura.jpg

谷中しょうがの肉巻き天ぷら750円

名前のとおり谷中しょうがを豚バラ肉で包んで天ぷらにしました。
意外な取り合わせのようですが、驚くほど良い相性です。

posted by 居酒屋店主 at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 蔵門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月18日

「海賊」のおすすめ品。

海賊のおすすめ品。

TS330017.JPG

イイダコと若竹の煮物600円

なんで竹なのに竹の子ってあんなに美味しいんでしょうね。
上品な味付けだと、お客様からご好評いただいてる一品です。
posted by 居酒屋店主 at 04:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 海賊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月11日

番匠田の様子。

先月のことになってしまいましたが、また勝沼行ってきました。

番匠田はきれいに剪定されてました。
P1010027.jpgこちらがシャルドネ。
P1010028.jpgこちらがカベルネ・ソーヴィニヨン

ぶどう品種によって剪定のしかたが違ってました。


P1010030.jpg足元には小さな紫色の花が咲いていました。除草剤とかを使わない有機栽培だからですね。

とてもキレイで気持ちが良かったです。

そしてワイナリーの片隅でポコポコ音がするので覗いてみたら、樽の中でワインが盛んに歌っておりました。
P1010031.jpg

勝沼醸造さんのHPでも紹介されてました。

なんか気分のいい日でした。
posted by 居酒屋店主 at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月05日

四国に行ってきました。(後編)

後編

binkan.jpgbinkannaka.jpg

川鶴自慢の瓶燗システム。
左側に写っている四角い箱の中身が右側の写真です。内部にお湯のシャワーが出ていて、右側奥から入って手前に62℃のお湯に通して左奥で25℃まで冷やして瓶燗するそうです。以前はたらいにお湯を張って瓶燗していたそうですがどうしてもムラがでていたが、このシステムを導入してからムラが無くなり酒質も良くなったそうです。


そして、お米にもこだわり契約農家さんとの信頼関係を築きながら川鶴さんでも3反ほど畑を持ち有機栽培で山田錦を18表ほど毎年作っているそうです。
zisyabatake.jpg

まとめ
効率的に機械で出来る作業と、手作業でやらなくてはならない作業を上手に振り分けて、理想のお酒を追い求めている越田専務はカッコいい男でした。


そして
namasyako.jpgkomochisyako.jpg
瀬戸内海が近いから出来る「シャコの刺身」と「子持ちシャコ」
信じられないくらい美味しかったです。






posted by 居酒屋店主 at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

「蔵門」のすすめ品。

蔵門のおすすめ品です。

gyusuzi.jpg

牛すじの玉子とじ 750円

コチジャンの辛味が刺激的です。
ビールや焼酎のロックでスカッと召し上がってください。

posted by 居酒屋店主 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 蔵門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月03日

四国に行ってきました。(前編)

四国、讃岐の銘酒「川鶴」醸造元の川鶴酒造に行ってきました。

kawaturu-sugidamakawaturugaikan.jpg

創業は明治からで現在で6代目だそうです。
蔵の一部は文化財に指定されているそうです。


明治、モダンを感じる創業当時の復刻ラベル。

fukkokuraberu.jpg

最盛期で10,000石くらいあったそうですが、現在は仕込みタンクを一部小さいものに変えて吟醸以上のものは750Kgタンク、1,500Kgタンク、4tタンクと三種類使って仕込みをしているそうです。現在は規模としては5,000石くらいあるそうですが2,000石位でやっているそうです。

750Kgtanku.jpg
750Kgタンク

タンクがある部屋、酒母室などいくつか区分けされていて、それぞれエアコンにて温度管理されてました。


kouzimuro.jpgkouzibuta.jpg

「麹室」ここに蒸したお米を持ってきて麹菌をつけて繁殖させます。
本醸造、純米、吟醸以上などそれぞれ違うタイプの米麹をつくるそうです。奥に見える装置に入れる場合と麹蓋を使う場合とがあるそうです。

後半に続きます。




posted by 居酒屋店主 at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タカちゃんのおすすめ!

今回の「タカちゃんのおすすめ!」は

takacyan-shichi

滋賀 冨田酒造 「七本鎗 14号酵母」(しちほんやり) 純米
  
   七本鎗は二回目のおすすめです。違う銘柄でしたが
   タカちゃんはどうやら「七本鎗」が好きみたいです。
   
   
  「タカちゃんのおすすめ!」とご注文ください。
  最初の一杯を半額でご提供します。

posted by 居酒屋店主 at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | タカちゃんのおすすめ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。